脇黒ずみ 治し方

脇の黒ずみって治るの?ホームケアとクリニックの治し方比較!

脇の黒ずみはなかなか気づきにくく、改善までに時間がかかってしまう、ちょっと厄介なお悩みです。

 

悩んでいる女性も多く、特に露出が多くなる季節までには、何とか改善したいものです。
そこで今回は脇の黒ずみを改善するホームケア・クリニックで行う治し方やメリット・デメリットを比較してみました!

 

【脇の黒ずみをホームケアで改善する治し方】

 

脇の黒ずみの主な原因は、肌ダメージによる色素沈着と皮脂や不要な角質による汚れです。
お家でケアする場合には、肌ダメージの緩和と皮膚の状態を整えるケアが重要になります。

 

肌ダメージの一番の原因になっているのが、ムダ毛の自己処理です。日々行うムダ毛処理が肌に刺激を与え、黒ずみの原因となるメラニン色素を過剰に生成してしまうのです。

 

肌ダメージを緩和するにはエステなどでの処理がオススメですが、自分で処理する場合は特に負担になりやすいカミソリや毛抜きなどの使用を避け、肌負担の少ない電動シェーバーで行いましょう。

 

自己処理の後は、お顔同様にスキンケアが必要になります。美白や保湿を意識して優しくケアしましょう。

 

また汚れが溜まりやすい脇は、週に1度はメイク落としに使用するオイルで古い角質や汚れを除去しましょう。擦らずに優しくクルクルと円を描くように丁寧に洗いましょう。

 

脇の黒ずみをホームケアで改善する場合は、効果を実感するまでに時間はかかりますがコストをかけずに行うことができます。

 

【脇の黒ずみをクリニックで改善する治し方】

 

脇の黒ずみをクリニックで行う場合には、症状の状態によって施術を選んでいくことになります。一般的な治療としては、薬の塗布とレーザー治療です。

 

黒ずみの状態が軽度であれば、美白効果の高い「ハイドロキノン」や不要な角質を除去する「トレチノイン」といった塗り薬を患部に塗り、改善を促します。

 

黒ずみの状態が中・重度の場合にはレーザー治療が効果的です。
これはレーザートーニングと言われる施術で、肌に優しいレーザーを照射することで、黒ずみの原因になっている肌内部で過剰に生成されたメラニンを破壊します。

 

脇の黒ずみをクリニックで改善する場合は、ホームケアに比べると治療費用が高くなってしまいますが、医師による診断であなたの状態にあった施術を選んでもらうことができ、更に改善も早いというメリットがあります。

 

【ホームケアとクリニック…あなたに合った脇の黒ずみの治し方は?】

 

脇の黒ずみの治し方は、ホームケアとクリニックでは費用面や効果の実感に大きな違いがあり、一概にどちらが良いとは言えません。脇の黒ずみの改善や予防は、日々の意識やケアが重要になるので、自分に合った治し方を選んで続けることが大切です。

 

ホームケアとクリニックの治し方やそれに伴う期間や費用をしっかり考えて、どのように治していくかを自分が続けていけるケアを選択してみましょう。

 

今回ご紹介したホームケアとクリニックの違いなどをぜひ参考にして、早めの対策を心がけましょう!