脇の埋没毛 治し方

見られたくない脇の埋没毛~治し方教えます!!

脇の埋没毛でお悩みではありませんか?
毛穴はポツポツしてしまうし、
何より毛の黒い色が透けて、脇が黒く見えてしまいます。

 

ムダ毛の自己処理がよくないと分かっていても、
脇毛をそのままにしておくわけにはいかないし…
何とか自分で治す方法はないのでしょうか?

 

今回は、脇の埋没毛の治し方と
再発させないための方法をお伝えします。

 

毛抜き・カミソリのムダ毛ケアは今すぐやめるべき!

まず、埋没毛がどうしてできるかというと、
ほとんどの場合、毛抜きで毛を抜いていることが原因です。

 

毛を抜いたり剃ったりしたときに、
毛穴周辺の皮膚がダメージを受けたり、
かさぶたなどが邪魔をしたりして、毛が外に生えてこられない

 

毛を抜くときに途中で切れてしまい、出口がない、
あるいは、乾燥や角質などで肌が硬くなってしまい、
毛が出られない、といった理由が挙げられます。

 

ですから、毛抜きやカミソリをムダ毛ケアに使っている場合は、
すぐにやめるべきです。

 

皮膚にダメージを与え続けるだけでなく、
埋没毛を繰り返してしまいます。

 

それでも、脇のムダ毛はやっぱりきれいにしたい、という場合は
電気シェーバーなど、
肌に負担をかけない方法にかえることをおすすめします。

 

浅い埋没毛なら自分で治せる!

埋没毛でも、皮膚の浅いところに埋もれているものであれば、
自然に出てくることがありますし、
自分でも治すことができる場合があります。

 

治し方は簡単で、保湿を心がけて脇の皮ふをやわらかくしたり、
市販のピーリング剤で古い角質を取り除いたりすることです。

 

こうすることで、埋没毛が出やすくなるだけでなく、
埋没毛を予防することにもなります。

 

【深い埋没毛はいじらないで~トラブルのもと】

 

埋没毛が、皮膚の深いところにある場合、
自然に出てくるということは、あまり期待できません。

 

そして、絶対にやってはいけないのは、
埋没毛を針などでつついて出そうとすること。

 

毛穴周辺に新たな傷やかさぶたができて
余計毛が出てこられなくなることがありますし、
何より、細菌が入って炎症を起こすことになりかねません。

 

埋没毛が深いところに埋まっている場合や、
何回も繰り返すという場合は、
クリニックでレーザー脱毛を受けてみるのもいいでしょう。

 

脇の脱毛だけであれば、それほど費用もかかりませんし、
ムダ毛の自己処理をする手間が省け、
埋没毛自体がなくなっていくでしょう。

 

レーザー脱毛は期間がかかる~計画的に脱毛しよう

埋没毛を治すためには、
毛抜きなどでムダ毛ケアをするのはやめ、
時折ピーリングして肌をリセットしておくことが大切です。

 

そして、可能なら、
サロンやクリニックで脱毛をしてしまいましょう。

 

レーザー脱毛や光脱毛は、毛周期に合わせて施術していくので、
1~3ヶ月ごとに1回くらいの頻度で、
全部で6回ほど行うことになります。

 

全部終わるまでには、それなりに期間がかかりますので、
計画的に施術をして、薄着の季節を快適に迎えましょう。