脇の埋没毛 原因

やっかいな脇の埋没毛~原因と予防法!

脇の皮膚に埋もれてしまって、黒く透けて見える埋没毛。
埋没毛のせいで脇が黒ずんで見えるし、毛穴はブツブツするし、
これではおしゃれな服も楽しめませんね。

 

脇毛の自己処理をすると、埋没毛ができやすいと言われますが、
それはどうしてでしょうか。
原因が分かれば、埋没毛を予防できるかもしれません。

 

それでは、脇の埋没毛ができる原因を知って、
埋没毛の予防に役立てましょう。

 

カミソリや毛抜きでのムダ毛ケアが毛穴をふさいでしまう?

脇の埋没毛の具体的な原因は、
毛穴がふさがったり、何かが邪魔をしたりして、
毛が皮膚の外へ出てこられないようになっていることです。

 

たとえば、カミソリでムダ毛処理をして、小さな傷ができて、
その小さなかさぶたが毛穴をふさいだり、

 

毛抜きで毛を抜くときに
一緒に毛穴を引っ張ってふさいでしまったり、
といった原因が考えられます。

 

。また、毛抜きで毛を抜いていると、
毛穴を一緒に引っ張って隆起させてしまい、
毛が出るまでの距離を長くして生えにくくすることもあります。

 

つまり、埋没毛ができる原因の多くは、
ムダ毛の自己処理であると言えるでしょう。

 

埋没毛ができたら?まずはムダ毛のセルフケアをストップ

もし埋没毛ができてしまったら、
まず、カミソリや毛抜きでのムダ毛ケアはやめましょう。
特に、毛抜きは皮膚へのダメージが大きいので避けましょう。

 

脇の皮膚にダメージを与える自己処理をやめ、
保湿ケアをして乾燥を防ぎ、しばらくすると、
埋没毛が自然に皮膚の外に出てきます。

 

しかし、それでもなかなか毛が出てこない場合は、
毛穴をふさいでいる異物や角質などを
ピーリング剤などで取り除きましょう。

 

ただし、毛がなかなか出てこない場合、
毛穴が膨らんできたり、痛みが生じたりしたら、
埋没毛が中で炎症を起こしていることもあるので要注意です。

 

ひどくなると、毛嚢炎(もうのうえん)を引き起こす可能性があるので、
セルフケアをやめて皮膚科を受診しましょう。

 

サロンでの脱毛は意外に安い⁉埋没毛の予防に活用しよう

埋没毛ができる原因のほとんどは、
カミソリや毛抜きによるムダ毛の自己処理なので
それをやめれば埋没毛はできなくなるでしょう。

 

しかし、脇のムダ毛ケアをしないわけにはいきませんよね。
一番のおすすめは、サロンやクリニックで
脇のレーザー脱毛やフラッシュ脱毛をすることです。

 

毛の黒い色に反応する特殊なレーザーや光を照射し、
毛根にダメージを与える脱毛方法で、
皮膚に埋もれたままの毛も処理することができます。

 

サロンやクリニックでの脱毛は高いと思われがちですが、
安いところなら、
両脇1回3,000円程度から受けられることもあります。

 

脱毛の施術をすれば、埋没毛も予防できますし、
何よりも、ムダ毛の自己処理の手間が省けますので、
ぜひ検討してみてください。