脇の埋没毛 炎症

脇の埋没毛が炎症を起こすとどうなる?原因と対処法

脇のムダ毛を毛抜きやカミソリで処理していて、
埋没毛になってしまった経験は
女性なら誰でも一度はあるのではないでしょうか?

 

せっかく処理しているのに、
人から見れば、透けて見える埋没毛が剃り残しのムダ毛に見えて
恥ずかしい思いをすることもあるでしょう。

 

そんなやっかいな埋没毛ですが、気にしていじったりすると、
ばい菌が入って炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

 

今回は、脇の埋没毛が炎症を起こす原因と、
その場合の対処法をお伝えします。

 

埋没毛~外に出てこられないと起こるトラブル

埋没毛は、何らかの原因で毛穴がふさがれて、
毛が外に出てこられなくなり、
皮膚の中で伸びてきている状態です。

 

毛穴をふさいでいる原因、たとえば
古い角質やムダ毛ケアでできたかさぶたなどがなくなれば、
自然に毛が出てきて治ることもあります。

 

しかし、ターンオーバーが滞って、古い角質が剥がれなかったり、
乾燥で肌が硬くなっていたりして、
なかなか埋没毛が出てこられないことがあります。

 

そうすると、毛は皮膚の中で伸び続け、
皮膚内部を傷つけて、炎症を起こしてしまうことがあります。
これを毛嚢炎(もうのうえん)といいます。

 

痒くなったり膿ができたり~毛嚢炎(もうのうえん)とは?

毛嚢炎(もうのうえん)になると、その部位が赤くなり、
腫れてニキビのような状態になります。
痒みを起こしたり、膿ができたりすることもあります。

 

毛嚢炎(もうのうえん)は、毛があるところならどこでもなり得るのですが、
脇やビキニラインなどの毛は特に太く、毛穴も深いので、
炎症もひどくなりがちで、自然治癒はあまり期待できません。

 

そういう場合は、
自分で針などで埋没毛を出したり、膿を出したりするのは厳禁。
皮膚科へ行って処置してもらいましょう。

 

皮膚科であれば、できるだけ跡が残らないよう
きれいに処置してもらえます。

 

また、毛嚢炎(もうのうえん)と診断された場合、
埋没毛を保険適用で治療してもらえることもあります。

 

埋没毛を再び起こさないために

たかが埋没毛といっても、
毛嚢炎(もうのうえん)になって炎症がひどくなると、
外科的に膿を摘出する必要が出てくることもあります。

 

埋没毛を、針などでつついて自分で出そうとすると、
傷からばい菌が入って毛嚢炎(もうのうえん)になりやすくなるので
絶対にやめましょう。

 

でも、埋没毛ができてもやっぱりムダ毛は処理したいと思うのは
女性として当然のことでしょう。

 

そんな場合は、思い切って
サロンやクリニックで脇の脱毛をしてしまいましょう。

 

脇は他の部位に比べて頻繁なムダ毛のケアが必要で、
埋没毛になってしまう確率も高いのです。

 

レーザーなどで脱毛してしまえば、ムダ毛ケアの手間もなくなり
埋没毛もできなくなるのでおすすめです。

 

レーザー脱毛は高いというイメージがありますが、
脇だけならそれほど費用もかかりません。
お近くの美容皮膚科やサロンに相談してみましょう。