脇 埋没毛 ピーリング

脇の埋没毛は自分で改善!美肌も期待できるピーリングの効果

毛抜きで脇のムダ毛を引っ張って抜いていると、
埋没毛になってしまうことがありますね。

 

埋没毛が透けて脇が黒ずんで見えてしまい、
きちんとムダ毛ケアしているのに
ムダ毛が残っているように見えてしまいます。

 

でも、その埋没毛、ピーリングによって
自分でケアすることができるのです。

 

それでは、脇の埋没毛をピーリングで治すための
具体的な方法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

 

ピーリング~肌をふさいでいる角質を除去して埋没毛を改善

ピーリングとは、皮をむくという意味を持つ英語が由来で、
肌の古くなった角質を落とし、
本来あるべき正常な状態にすることです。

 

肌表面にたまっていた角質を剥がすことで、
滞りがちなターンオーバーが促進され、
新しい角質が生まれやすくなります。

 

埋没毛の原因はいろいろありますが、
肌の表面に古い角質がたまっていると、
毛が正常に外に出てこられないことがあります。

 

そこで、ピーリングで角質を取り除き、
肌をやわらかくすることで、
埋没毛を改善することができるのです。

 

サロンやクリニックでのピーリングの種類

美容サロンやクリニックで行うピーリングには、
ケミカルピーリングやレーザーピーリング、
クリスタルピーリングなどがあります。

 

ケミカルピーリング

 

フルーツ酸や乳酸などの酸性の薬剤で、角質を溶かして除去する

 

レーザーピーリング

 

レーザーを照射して古い角質を除去する

 

クリスタルピーリング

 

薬剤は使わず、アルミニウムの微粒子を吹き付けて、
角質を除去する方法

 

サロンやクリニックでピーリングすると確実ですが、
費用がかかりますし、通う手間もあります。

 

そんな場合は、市販のAHAなどのピーリング剤を利用して
自分で行うこともできます。

 

ピーリングは、薬剤で角質を剥がすものなので、
刺激が強くて肌に合わないこともあります。
最初は低刺激で穏やかな作用のものから試してみましょう。

 

ピーリングする際の注意点

ピーリングをするのは、
肌の汚れが落ちて血行が良くなっている
お風呂上りが適しているでしょう。

 

ただし、ピーリングは、物理的に角質を剥がすものであり、
使用法や頻度を誤ると、肌を傷めることがあります。

 

ですから、肌が荒れているときなどは
ピーリングは控えましょう。
肌のバリアを剥がすことになって、余計悪化してしまいます。

 

また、古い角質を除去することが目的なので、
毎日行うものではありません。

 

ピーリングの度合いの強さによって
使用頻度も異なってきます。
必ず、商品ごとの使用頻度を守りましょう。

 

そして、ピーリングをした後の肌は、
刺激に敏感な状態になっています。
低刺激の化粧水やクリームでしっかり保湿しましょう。

 

ピーリングをスペシャルケアに~埋没毛予防&美肌を目指す

ピーリングをすることで、
毛が出てくるのを邪魔していた角質がとれて肌が柔らかくなり、
埋没毛が自然に治ってきます。

 

ピーリングで古い角質を除去しておくことは、
埋没毛を治すだけでなく、埋没毛の予防にもなります。

 

また、肌がなめらかになって化粧水の浸透もよくなるなど、
美肌効果もあります。

 

ピーリングを、時間があるときのスペシャルケアとして取り入れて、ツルツル美肌を目指しましょう。