脇の黒ずみ ハイドロキノン

肌の漂白剤ハイドロキノン~脇の黒ずみへの効果と注意点

ハイドロキノンって知ってますか?
肌の漂白剤とも呼ばれるほど美白効果が高く、
さまざまな部位の黒ずみ対策に利用される成分です。

 

そして、ハイドロキノンは、
やっかいな脇の黒ずみを改善する効果も期待できます。
でも、使い方を間違うと思わぬ副作用も。

 

ハイドロキノンの効果と正しい使用法を知って
脇の黒ずみ対策に役立てましょう。

 

ハイドロキノンは黒ずみの根本原因にアプローチ

ハイドロキノンは、メラニンが生成されるのを抑えるだけでなく、
メラニンを生成する
メラノサイトという細胞そのものを減少させます。

 

そのため、他の美白化粧品に比べて
美白効果が非常に高いのです。

 

他の美白有効成分としては、
ビタミンCやプラセンタなどがありますが、
ハイドロキノンはこれらの10~100倍の効果があるのです。

 

脇の黒ずみの主な原因はメラニン色素。
ですから、ハイドロキノンは、
脇の黒ずみ改善にも多く利用されています。

 

ハイドロキノンのリスク

ハイドロキノンはとても効果が高いために、
使用法を誤ると、副作用の危険もあります。

 

肌荒れ

 

ハイドロキノンは、効果の高さに比例して
刺激の強い成分です。

 

特に、脇は皮膚が薄く、デリケートな部分。
ハイドロキノンの刺激が強すぎて、
炎症によって赤みや痛みが出てしまうことも。

 

紫外線に当たると色素沈着を起こす

 

ハイドロキノンの成分が紫外線に当たると
過剰に反応して色素沈着が起こることも。

 

黒ずみを解消するために使ったのに
かえって黒ずんでしまった、なんてことになりかねません。

 

ハイドロキノンを使用している時は、
徹底した紫外線対策が必要です。

 

白斑

 

ハイドロキノンは、製品によって濃度が違います。
高い濃度のハイドロキノンを使い続けると、
副作用で肌の色が白く抜けて白斑になってしまうリスクも。

 

具体的には、濃度が4%以下であればリスクは少ないですが、
4%を超えるものだと、白斑が出たという報告が多くあります。

 

含まれている濃度を確認し、
使用期間や使用量を厳守しましょう。

 

ハイドロキノン~使用法や使用期限を厳守しよう

ハイドロキノンは、とても美白効果が高いですが、
その反面、リスクも高いので
使用法や使用頻度、期間などはしっかり守りましょう。

 

また、ハイドロキノンは劣化が非常に早く、
開封後はすぐに酸化が始まります。

 

劣化したものは、効果が少ないだけでなく肌トラブルのもと。
開封後は、冷蔵庫に入れて、1ヶ月以内に使い切りましょう。